2010年08月26日

スカイツリーと東京タワーのツーショット

以前、神楽坂のアユミギャラリーで、中塚雅晴氏の「WORK SONG」という写真展が開かれたことがあった。高層ビルの建設現場を撮影した写真、気の遠くなりそうな高所で働く人々をとらえた写真は、印象に強く残った。

その中塚氏から、六本木ヒルズ森タワーの52階展望ギャラリーでひらかれる写真展の案内状をいただいた。52階では、森アーツセンターギャラリーで「地球最古の恐竜展」も行われている。そこで私は写真展、夫人は恐竜展に行くことにして、炎暑などものともせず六本木まで出かけたのだった。

〔六本木ヒルズ森タワー〕
2010080058.jpg

恐竜の足跡をたどっていくと、52階へのエレベーター乗り場に行き着く。

2010080059.jpg

白飛びの写真になってしまったが、それがかえって不思議な感じを与える。

2010080060.jpg

エレベーターに乗り、52階のシティービューへ、展望フロアへの入場料は1500円。

RICOHのGR-DIGITALVで撮影したスカイツリーと東京タワーのツーショット写真、一眼レフを持ってくればよかった。

2010080061.jpg

2010080062.jpg

2010080065.jpg

展望フロアには、恐竜も展示されていた。

2010080064.jpg

2010080063.jpg

2010080066.jpg
posted by 里実福太朗 at 23:51| 里ふくろうの日乗