2011年03月23日

佐倉市水道水中の放射性物質について

東京都水道局の発表によると、3月22日、葛飾区の金町浄水場で採取した水道水から、「210ベクレル/1s」の放射性ヨウ素を検出したそうだ。この値は、乳児(1歳未満)の飲用に関する国の基準「100ベクレル/1s」の2倍を超える。これを受けて、都は水道水を乳児に飲ませたりしないよう呼びかけている。

そこで心配になるのが佐倉市の水道水のことだ。佐倉市のウェブサイトの新着情報に、「水道水中の放射性物質について(3/23)」という見出しがあった。リンク先には、「福島原子力発電所の被災に伴う、水道水中の放射性物質について」という記事が載っていた。詳しくは、下記リンク先の情報を確かめていただくことにして、ここではその概要をまとめておくことにする。

http://www.city.sakura.lg.jp/suido/jigkanri/original/news/20110323housyasen.htm

◇佐倉市の水道水源
地下水…65%
表流水(河川など)…35%

地下水については、深さ100mを超える地下からくみ上げ、屋内設備で浄水処理を行っていると説明されていた。印旛広域水道(柏井浄水場)から購入している表流水については、千葉県水道局で3月21日に採取した浄水で分析した結果を載せている。

測定結果
…放射性セシウムは不検出
…放射性ヨウ素は乳児向けの指標の1/5以下

放射性ヨウ素は乳児向けの指標の「1/5以下」となっているが、具体的な数値は示されていない。それを確認するため、千葉県水道局のウェブサイトを見てみた。それによると、柏井浄水場は東側と西側の二つの施設に分かれていて、放射性ヨウ素に関しては、それぞれ以下の結果が示されていた。

東側施設:不検出
西側施設:18(Bq/kg)

この結果から推測すると、「1/5以下」とは、西側施設の「18(Bq/kg)」のことを指しているのだと思われる。

以上測定結果は、3月21日に採取した浄水によるものだから、情報の鮮度は少々劣る。最新の測定結果の公表が待たれる。

千葉県水道局
http://www.pref.chiba.lg.jp/suidou/

新着情報「第34報-千葉県水道局水道水における放射線量の測定結果について」
http://www.pref.chiba.lg.jp/suidou/souki/0311dannsui-34.html
posted by 里実福太朗 at 23:40| 東日本大震災関係