2013年06月26日

N BOXで新潟へ

新潟へ行くのは、五年ぶりのことだった。漠然とそんなに長い期間訪れていないことはないだろうと思っていたが、前回行った時にお目にかかったある人が、五年前のことだったと覚えていたのだ。ちょうどその日が、その一家の引っ越し当日だったことが記憶を鮮明に残していたのだろう。

五年前はステップワゴンに12時間ほど乗って、やっと村上にたどり着いたと記憶している。12時間かければ、成田から飛行機に乗ってパリのドゴール空港に着いてしまう。今より五歳若かったとはいえ、やはりかなりきつかった。

今回の車は昨年乗り換えた軽自動車のN BOX、近年は高速を利用して長距離ドライブをすることも減り、乗り換えた新車で高速を走ることも数えるほどしかなかった。片道450qほどの道のりを一気に走り通すことは、さすがにためらわれ、行きは湯沢で一泊、帰りは長岡で一泊したのだった。

出発時の距離メーターは5000q程度、帰宅時は約5950qになっていた。走行距離は950qを超え、久しぶりの長距離ドライブであった。

130624~20130624-_0020265-a.jpg


軽自動車でこれほどの距離を走ることは初めてのこと、特に山間部での走行には不安がないわけではなかった。ギアがドライブとロウだけなので、上り坂での力不足による速度低下、逆に下り坂でのスピードの出すぎなどが心配の種だった。しかし、それらの点はまったく問題なかった。上り坂ではうなり声をあげながらも懸命に駆け上ってくれたし、下り坂ではコンピュータ制御によりエンジンブレーキがかかって速度超過に陥ることもなかった。今時の軽自動車は、ほんとうによく走ってくれる。

130624~20130624-_0020263-a.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:50| 里ふくろうの日乗