2013年07月02日

ヘブンアーティストTOMAさん

ネコ公園では、ヘブンアーティストと呼ばれ人が来てさまざまなパフォーマンスを見せてくれることがある。彼らは東京都が実施している審査会に合格してライセンスを取得しているので、あるレベル以上のフォーマンスを見せてくれる。

「東京都の文化政策」というウェブページでは、その目的を以下のように説明している。
『「ヘブンアーティスト事業」は東京都が実施する審査会に合格したアーティストに公共施設や民間施設などを活動場所として開放し、都民が気軽に芸術文化に触れる機会を提供していくことを目的としています』
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/bunka/heavenartist/

最近では、TOMAことサックス奏者の苫米地義久さんが心地よい音楽を演奏してくれた。彼のウェブページを見ると幅広く活躍していて、ネコ公園近辺でも以前から演奏活動をしていたようだが、今回初めてその演奏を耳にすることができた。

130627~20130627-_A270138-a.jpg


130627~20130627-_A270081-a.jpg





〔CD「愛しき星」より 〜南風〜〕


〔苫米地義久(サックス、作曲)さんのホームページ〕
http://www011.upp.so-net.ne.jp/toma/

〔苫米地義久 ライブ案内〕2013年6月〜
http://d.hatena.ne.jp/ytoma+live/?of=0

サックスの響きを聴いていたネコサポーターの女性が、
「カフェにでもいるようね」
と言っていた通り、おいしいコーヒでもあればほんとうにそういう気分になるに違いない。それが叶わないなら、せめて缶コーヒでも飲んでそういう気分にひたることにしよう。

ネコ公園でTOMAさんの生演奏を聴いてからというもの、彼のCDを買い求め毎日のように聴いている。写真の現像をする時、写真集をながめたり本を読んだりする時、彼の穏やかな曲がバックグランドミュージックとして流れると、ゆったりと静かな気持ちで時を過ごすことができる。

130703~20130703-_0020271-a.jpg


posted by 里実福太朗 at 23:50| 里ふくろうの日乗