2013年07月15日

庭のコクワガタ

「コクワガタがいた」
と言いながら、夫人が手のひらにのっている小さな黒い虫をさし出した。ただコクワガタと一目で分かる大アゴがなく、何の変哲のない虫の一種のようでに見えた。
「コクワかな〜?」
受け取ってしばらく見回しているうちに、大アゴはないが小さな頑丈そうなアゴはあることに気づいた。コクワガタのメスであることには間違いなかった。

130715~20130715-_0020288-a.jpg


130715~20130715-_0020282-a.jpg


130715~20130715-_0020285-a.jpg


子どもが小さい時に、近くの雑木林で見つけたコクワガタを庭に離したことはあったが、そんなことはとうの昔のことだ。その時のコクワガタの子孫が庭で生息し続けていたのだろうか。それとも、わずかながら残っているどこかの林から飛来したのだろうか。庭の木の根元あたりに離してあげたら、チョコチョコと走って小さな樹穴の中に身を隠した。
posted by 里実福太朗 at 22:53| 里ふくろうの日乗