2013年08月18日

切手をはり忘れたハガキ

残暑見舞いのハガキを、切手を貼らずに出してしまった。裏面に写真を印刷するのに適したタイプのハガキで、50円切手を貼らなければならないのだが、それをうっかり忘れてしまったのだ。

たくさん実ったゴーヤーの写真をそのハガキに印刷している時は、切手を貼るのを忘れないようにと思っていたが、そのことを思い出したのは、ポストに投函して家に帰ってからのことだった。猛暑のせいなのか、それともいよいよボケが始まったということなのか。

料金の不足している郵便物はどう扱われるのか、持ち合わせている知識を呼び出してみても、こんなことしか思い浮かばない。
・不足料金は受取人が払う。
・ただし、受け取りを拒否することはできる。

相手の顔を思い浮かべてみれば、受け取りを拒否するとは思われず、結局のところ不足料金を払うことになってしまう可能性が大なのである。そうならば、すぐにでも不足分を送り届けるのが最善の策なのかもしれない。いったんはそう思ったが、すぐ思い直した。そういう場合、郵便局はどのように処理されるのだろうか、念のため調べてみることにした。

〔Q3. 料金不足の手紙はどうなるの?〕
料金不足の郵便物の場合下記の方法がとられます。
1)受取人に届く前に差出人に返送される
2)受取人に届いて不足額を支払う
3)受取人が不在だったり、支払いを拒否したりすると差出人に返送される
(郵便局のウェブサイトより)
http://www.post.japanpost.jp/navi/mame_faq.html

これによれば、『1)受取人に届く前に差出人に返送される』ことがあるということだ。それはどういう場合なのだろうか、その点については詳細が示されていない。他のウェブページを参照すると、次のような具体的な説明が示されていた。以下にポイント要約しておくことにする。

◇投函したポストの場所によって扱い方が異なる
1.差出人の住所が集配郵便局の配達管内である場合
 →差出人に返送される
2.差出人の住所が集配郵便局の配達管内ではない場合
 →受取人に配達される

今回切手なしのハガキを投函したのは、自宅から近い市内のポストだったから「1」の場合になりそうだ。案の定、次の日に以下のような注意書きが貼られて戻ってきた。おかげさまで、相手に不名誉な失態をさらけ出すことは避けることができた。

130818~20130818-_0020350-a.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:50| 里ふくろうの日乗